プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「弱点も個性」精神的成熟(新聞より引用)

  • Post on 2016.07.14 11:12
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
先月の出張続きの時
読んだ読売新聞に、
「自虐的なユーモア」について、
日本笑い学会 会長 森下教授(関西大学教授)が、
以下のように説いていた。

(以下、ほぼ流用)

=====================================

東京以外はしょせん田舎。
それがどうした。俺たちにも誇るものがあるー。
各地に潜むある種の劣等感や反骨精神が、
近年の「自虐的ユーモア」による、
ご当地PRを生み、共感を得ているのだろうと。
(たとえば鳥取の「スタバはないけど
日本一のスナバ(砂場)がある」など)

そして、ここがなるほど!!!

「自虐」をユーモラスに発信するには
弱点を客観的に自覚して下手に出る度量と、
人を不愉快にさせない表現を選ぶ知恵が求められる。と。


さらに、受け取る側にも。。。

目くじら立てずに受け流す心の余裕が必要。


社会や人の精神的な成熟が、
「弱点も個性」とやさしく受け止め、
笑いとして楽しんでいるのではないか。
=====================================

ちょっと、うなる思い。

高校の頃から、

いわゆるお子様ランチ的な、
わかりやすい笑いよりも、
シニカルな、ニヒルな笑いに惹かれ、
そこから、センスのある自虐的な笑いを、
どう演出できるかっていうのを、
無意識に、求め、選んでいたからだ。


弱点を、いかに美点へ持っていけるか、
そして、自虐的なことを、いかに笑いにできるかが、
強さであり、知恵であり、センスのある人と思うし、
そうありたいし、それを分かり合いたい。


例えば男性の頭が薄い人が、
それを隠したり、その話題に触れないように
必死にしようとすればするほどに、
ちょっとまわりも困る雰囲気に。。。

それを、少しユーモアで突っ込める人って、
大きくて素敵でセンスのあるな人だと思う。

毛が生えている、見た目だけのかっこいい人よりも、
かっこいいなぁと惚れてしまう。

なかなか出来ることではないんだけれど、
社会的な成熟と、人としての成熟で、
弱点を個性にしていきたいし、
そういう人が増えていくといいなぁと思う。

におい

  • Post on 2016.06.24 08:44
  • Categry : 健康
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今日は宮城県の南仙台へ出張。

旅先では、なるべく地方のものを得るようにしており
それは食べ物だけでなく、ニュースなどの情報も。

今朝は、コンビニで河北新聞を購入し読む。

「ホヤ1万4000トン処分」など、
震災からの原発事故の影響がいまだに、暮らしを脅かしている。

そんなことを教えてもらえる。

そして、河北新聞の天声人語的なコーナーに、少し面白い話が。

切り口は、「うちの旦那臭い!」という女性(20~50歳)が、約70パーセント。
しかも、半数以上がストレスに感じているとのこと。

そこから、昨今の無臭化や除菌という超清潔志向が社会に影響を与えていると、
免疫学者の藤田紘一郎さんが指摘しているそうだ。

以下、ほとんどその記事の流用。

「においなどの異物を排除していくと、集団が均一化して免疫力が落ち、
生き物としては弱体化していく」

アレルギー体質や、ぜんそくの増加要因だとも。


そして、心にも作用する。

存在の多様性を認められなくなり、異なるものへの拒絶や差別、
ひいてはいじめにつながることも。


ふむふむ。。。

父親が女の子が臭いと感じるのは、親近相姦の忌避作用と
何かの本で読んだことがあるが、、、
パートナーを臭いと思うのは、ゆゆしきこと。。。

最近読んだ脳科学の本では、脳は慣れてくるから、
最初、どきどきしていたものも、次第にそれは薄れるそうだ。

落としどころがわからなくなったけれど、
少なくともパートナーを臭いと思うのは、面白くないし、
人のにおいや、汗のにおいって、それなりのにおいだと思うし、
そういう人と出ないと私は付き合いたくないなぁ~、、、なーんて思う。

今朝のごはん

  • Post on 2016.05.30 08:27
  • Categry : 
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今朝のごはんは、

たまごかけごはん(黄身だけね)もち麦ごはん1膳。
牛吸いならぬ、豚吸い。
キュウリの糠漬けかぶと浅漬け。

近頃、自分なりの食養生が身に付き始めている。

食べ過ぎないこと、身体の声を聴いて
食べたい時に食べたいものを食べる。

こんな当たり前のことが出来ていなかった。

私の場合だめなのは、もったいないという性質。

2月に実は海外旅行へ行き、そこで残すのもったいないおばさん炸裂して、、、
帰国し、出張が続き持病の潰瘍がかつてないほどに悪化。。。

薬をどれだけ飲んでも、どれだけ養生しても、おっつかなかった。

せっかくの旅行の楽しさを台無しにすらするこの症状と
とことん向き合って、、、
もったいないと思わずに、勇気をもって残そう!!!
と決心。

それから、意地汚く、食べ放題とか飲み放題で元を取ろうと思わないこと。
割り勘勝ちしようと思わないこと。

とにかく腹八分目。

みたいなところで、、、いまのところ生きてきてかつてないほどに体調が良い!
(大げさではなく)

食の内容や食べ方などを重視されるけど、
どう食べるか、どう食べないかを考えることも大事。

メタ認知

  • Post on 2016.05.07 16:44
  • Categry : 
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
アドラーの本を数冊読んだ。

共同体感覚を持つことが、
イライラやストレスから
自分を解放する事って少しは理解。

その感覚を養うには、
自分を俯瞰して見ること。
メタ認知とも言うらしい。


ほんのすこーし分かり始めたような
今日この頃。



またこうあるべきと、
自分で自分に課したり、
人に対して求めたりしないことが、
楽に生きる方法とも、
少しはわかってきた。

相手に対しての諦めではなく、
より広い受容かな?っと。


こんな風に偉そうに、
書いてるけれど、
本当は毎日、揺れ動き、
日和ることもしばしば。

だけど、そういうことも
否定せずに受け入れられるような
今日この頃です(*^^*)

さば缶大活躍

  • Post on 2016.05.06 08:55
  • Categry : 
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
昨日帰省。
昼ごはんは素麺。

外食続きの為さっぱりしたものを欲して、、、。
ネギ、みょうが、大葉などの薬味をたっぷりとしたものに、
オプションでサバ缶も用意。

ケンミンショーでやっていたのを思い出して。

するとこれが、たまらなくウマい!

もう次回から定番になりそうなくらいに。

さっぱりしたものをと言いながら、こってりしているんだけれど、
そのこってりはさっぱりしてる上に、いい塩梅のこってり感。

ただいれるだけで、こんなにも美味しいのは知らない人はもったいない!!!


それで、もう一缶ストックで買ったものを使い、晩御飯に。

サバそぼろ。

水気を切ってから入りして、おろしショウガをいれて、酒、しょうゆ、みりんで味付け。

これがまたごはんに合う合う。

切り干し大根、キュウリもみ、もやしナムル風、
紅ショウガ入り卵焼き、玉こん、納豆、、、
と、どれもおいしいんだけれど、やっぱり動物性蛋白質を求めるのか、、、
ちょっとあるだけで、ウマい!

安いし、身体にも良いし、調理は楽なので、サバ缶おすすめです\(^o^)/

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。