プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うそも方便

  • Post on 2017.01.12 12:15
  • Categry : 仕事
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
私の今の仕事は、楽トレというトレーニングマシンを扱うお仕事。
全国1000カ所以上の鍼灸整骨院・介護施設・エステに導入されている「楽トレ」というもの。

その楽トレは、文字通り楽にトレーニングができるので、
介護施設でも使っていただいてます。

そこで、勉強のために、
全国85紙の新聞の報道記事の介護分野にまとめた月刊誌を毎月読んでいます。


切抜き速報 福祉ニュース 高齢福祉編という雑誌。

介護に対する世の中の流れ(国や自治体、介護現場)を
俯瞰してみることが出来るので、
読み始めてまだ半年ほどですが、非常に勉強になります。

その記事の中で、介護のみならず、
ご年配とかかわる場合にとても大切と思える記事があったので紹介。


「笑顔で認知症」というシリーズのコラム。

引き算の世界 受け入れて というタイトル。

その中で、心に響いたことが、、、

認知症の方を、
否定しないこと。

記事によれば、
認知症の人の記憶は直前のものは欠落するが、
数十年前の古いものは残っている。
今まで積んできた知識や体験をどんどん忘れていく「引き算の世界」に住んでいる。
介護する人が常識や理屈で説明しようとしても通用しない。

とある。

そしてうそも方便 とも。

例えば、食後、何度も
「ごはんを食べていない」という人は、
「さっき食べたでしょう」は納得しない。

「炊飯器のスイッチ入れ忘れた。ちょっと待っててね」と答える等。


これは、認知症の方のみならず、
通常の対人関係でも、相手を慮って
合わせることとも通ずると思う。

私たちでも、
同じことをまた同じ人へ
話してしまうことなどあるが、
そんなとき、
「こないだ言ってたよ」
っていう事よりも、
合わせて聞くことが大事。
と私は思う。

決して迎合することや、日和見ではなく、
人にやさしく、その人を認めることが、
自分を大事に、人を大事にしながら、
ともに生きていくことだと思う。
スポンサーサイト

< Prev | ホーム |  Next >

Comment

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://kyotoaroma.blog.fc2.com/tb.php/223-4d4e502d

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。