プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近江八幡へ家族旅行

  • Post on 2012.09.14 12:22
  • Categry : 旅行
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
家族旅行で近江八幡へ行ってきました。

高速で自宅から約1時間。

すごく、近い。

とはいえ、田舎の風景は十分で、旅気分を十分楽しめます。

今回は、姉がプランを練り、国民休暇村へ。

近江牛会席プランで、一人15,000円ほど。

お値段以上のお値打ちプランでした!!

休暇村は始めての利用でしたが、
イメージしていたよりも、建物も綺麗で、サービスも良かったです。

もちろん一流のホテルや宿とは比べ物にはなりませんが、
お値段からすると満足できます。

部屋は新しい建物で、清潔感があるし、
大きな窓から一面琵琶湖がみえるので、景色が嬉しい。

部屋から見える琵琶湖 (1)
夕方で暗いからイマイチの写真ですが、、、。


お風呂も温泉で、露天風呂にサウナとあり、
母と姉と三人で色々喋りながらゆっくり堪能。

そうして期待の夕食 「近江牛会席」へ。

食事のお部屋は大食堂という少し殺風景な場所ではありましたが、
窓一面に琵琶湖が見えると、そういう食堂のような雰囲気でも
琵琶湖の景色をみて、ご機嫌さんになれました!


近江牛コース メニュー

前菜

近江牛コース 前菜

鯛のうす造り

近江牛コース 鯛のうす造り

マツタケ土瓶蒸し

近江牛コース土瓶蒸し

近江牛すき焼きと朴葉味噌焼き

近江牛コースすき焼きと朴葉味噌

マツタケ入り茶碗蒸し(写真なし)

近江牛ローストビーフ

近江牛コース ローストビーフ



このコース、素晴らしかったです。

そんなに肉好きでないワタシですが、
すき焼き、朴葉味噌焼きの近江牛の品質は素晴らしく
お酒が進みます。

特にとどめを刺されたのがローストビーフ。
ワタシこの手の脂ギトギトな見た目のお肉が苦手なんですが、
これは脂ギトギトではなく、お肉の味がしっかりして、
しっとりしたお味。

最高でした!!

お酒も地酒が割と安く呑めます。
生ビールと長浜の地ビールもありました。

量が多すぎて父母と姉は食べ切れないと困っていましたが、
ワタシはちびちびとお酒やビールと楽しみながら全部平らげました。

ご飯、お漬物、フルーツはセルフサービスとなっており、
ご飯はさすがに無理でしたが、フルーツはいただきました!

そして部屋へ帰りまたみんなで晩酌。。。

久しぶりに姉と色々な話が弾み、、、
姉は翌日二日酔い。

朝の散歩。。。

琵琶湖 (2)

琵琶湖

沖島が見えます。


帰りに併設しているお肉屋さんでひれステーキとハンバーグを買い、
(このステーキが過去最高に美味しかったので、また買いに行く予定になっています)
その後道の駅へ寄って自宅へ。

道の駅はあいとうマーガレットステーションというところで、
地の野菜とおいしいジェラートがありました。

野菜を使ったジェラートという珍しいのがあります。

じぇらーと (1)

じぇらーと (2)

うんと悩んで、
なすのジェラートとベリーA。

じぇらーと

ナスはなすとほとんどわからず、ふんわりと風味があり美味。
ベリーAは期待以上のお味。こっちのほうが人気が高かったです。

後は、姉や母が食べたのを味見させてもらいましたが、
意外と紫蘇が美味しいです。

ジェラートは牛乳の味わいがしっかりと入っているけども、
さっぱりとした味わいでワタシ好みの味でした。
ベリーAなどはさっぱりしすぎないかと心配でしたが、いいバランスでした。

こちらのお店はパンやケーキ、クッキーも販売していて、
ローズマリーのクッキーを会社へお土産に買いましたが、これもとても美味しかった。
ほろっとしっとり柔らかな味。残念ながらローズマリーの香りは
期待していたほど、強くなかったけど美味しかった。



野菜も色々たくさん買いましたが、
ピーナッツバターかぼちゃという珍しい食材が手に入りました。

形が可愛いので部屋に飾って喜んでおりますが、調理するのが楽しみです~(^^)


あとは売店で、こんなものも発見。

紫蘇ジュース

これはオススメ!箱買いしたいくらいです。

そうして、お買い物を楽しみ帰路へ。。。


11時半には家についていました。

出発したのが、前日の15時だったから20時間くらいしか滞在しなかったけど、
十分楽しめ、いい旅行でした!!

スポンサーサイト

< Prev | ホーム |  Next >

Comment

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://kyotoaroma.blog.fc2.com/tb.php/22-c87649d2

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。