プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職業に貴賤なし

  • Post on 2016.01.22 08:33
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今朝の通勤中の車窓から、工事現場の事務所であろう、プレハブボックスを目にした。

それを見て、20代後半の頃に、すごく私を傷つけた出来事を思い出した。

当時の私は派遣勤務で、職業に貴賤はあるような、、、
上場企業とかに行けたらいいな~っていうただの考えなしだった。

そんな私が、高校の親友の会社の女友達と一緒に呑みに行って、
実家は何をしているの?と聞かれ、ガレージを経営していると言ったとき、、、
「あー、箱(←事務所であろう)に一日いるんや~」と言われたことが、
一生の悔しい記憶。

きっと言った人も、聞いていた人も、だれも覚えていないけど
私はこの言葉、ことあるタイミングで思いだし、
自分は職業で人を判断したり、見かけで付き合うことは絶対にしないという
強い気持ちを与えてもらえた。

愛する母が、一生懸命に働く姿を毎日毎日、365日見ている私にとっては、
いつでも新鮮に気持ちをリセットさせてくれる言葉。

肝に銘じられてます。


こういう目線や考え方は、その人が悪いとかでなく、誰しももっているとは思う。

けれど、私はそうありたくはない。


一生懸命に仕事をしている人は、貴い。
どんなお仕事であれ、目的をもって、胸を張って仕事をしていればいい。

仕事はあくまでも手段で、人生の目的ではない。

奔放に、流れるままに生きてきただけだけど、
派遣から、契約社員、アルバイトの二重生活、給料未払い、、、などなどいろいろ経験できて、
営業でも、B to B も、B to Cも経験し、
まだまだ考えも経験も足りないけれど、
この気持ちを抱えながら、
慢心しないように、人と向き合っていきたいと思う。


ふぅ~、朝からつい熱くなっちゃった(*^_^*)
スポンサーサイト

俯瞰力

  • Post on 2016.01.04 07:51
  • Categry : 未分類
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
東京暮らしでの最大の憂鬱が、通勤電車。

混む時間を避けていても人が多すぎて
恐ろしく早くいかないと避けきれず、
少しでも遅れようものなら、
酷い混雑に巻き込まれ、そういう時には
電車も止まったりして、
ストレスフルな朝からのスタート。


その解消法が、
自分をドラクエの主人公とみたてること。

どう言うことかと言えば、
勇者の私は、次の町まで行かねばならぬ。
けれども、魔法使いや毒の沼があり、
ヒットポイントがみるみる減る。

宿(家)をでる前に武器(UNIQLOのヒートテックや、
お洒落なファッション)を装着し出掛ける。

電車にのる前に武器(マスクとお気に入りの音楽)を装着。

神田駅について、ヒットポイント減っていたら
ベローチェかナチュラルローソンで休憩。

まぁそんな風に見立ててると、
クリアした時にレベルもアップしてるかな?っと。

父にも昨日、強くなったと言われ、
もう帰ってこいこいと言われないこのチャンスに、
二年も隠していた天職 もとい転職を
カミングアウトできました(^-^)v

この大都会東京で、
行き泳ぐ、泳いでやるよ~

とんち

  • Post on 2016.01.03 10:50
  • Categry : 未分類
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
続きではなく、すいません。

移動日での新幹線。



朝から呑んでご機嫌さんです(^-^)

年末から、私的に気になる男性、
それは一休さん。

まぁ色とりどりあったからこそ、
くじけそうなときのテーマソングは、
一休さんのオープニングソング。

気にしない~ 気にしない~ 気にしない~

と心の中で歌いつつ、
このはし渡るべからずの橋の真ん中を
意気揚々と渡る彼を、想うこんにち。


正月や冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」はこれで正しいか。この歌は骸骨の付いた杖をつきながら詠んだものらしい。とか、

父の蔵書に水上勉の一休があり、
あらすじでは、盲目の森女を愛した
とか、気になるフレーズがあり、
帰省中に読もうとトライしたものの、
難解過ぎて読めず、
今ネットで調べたら、出鱈目でとか、
エロ坊主一休とか書かれており、、、
ますます私を虜にする一休さんなのです。


さらにWikipediaをみたら、
いわゆる とんちは、漢字で
頓知と記され、私の子供の頃の、
ただの大人勝りのイメージと、異なり、
その意味は、、、
機に応じて、
即座に(イコール頓はクイックリー)
働く知恵。

一休さん、ええわ~

2016年 明けましておめでとうございます

  • Post on 2016.01.02 04:33
  • Categry : 未分類
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

姉と話していて、四城ガレージのお客様も、
このブログを購読してくださってるとのこと。

12月に久々に更新していたと姉に話して
下さるように、リアルに繋がっていずとも、
繋がってる方がいることの有り難さ。

そんなわけで、なるべく、書きますね。

年始は、毎年特にやることがなく、
母は元旦から普通にお仕事で、父はマイペース。

友は家族やら、親戚やらと会うので一人ぽっち。

なので、一人参拝に行ってみました。

自宅から自転車にて上賀茂神社へ。

堀川まで出て北上。



上りなので、疲れて休憩。



表千家前のLAWSONは、石畳。

休憩から復活し、ペダルをぐいぐいこいで
さらに北上し、やっと鴨川でなく、賀茂川に!

お参り前に焼き餅買って食べながら地図を見る。





フム、電気産業の神様でもあるのですな。

フムフム、足腰のご利益もお参りせねば!
これもあれも神様に護ってもらおうと
欲望まみれ煩悩まみれの私が
とりわけ目を引いたのが、下の病気(笑)

いやいや笑えないし、これは大事。

行っときましょ~ってな具合でご参拝スタート。



長くなってきたので、疲れてきたので、、、
次回に続く。

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。