プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

便利さ、不便さ

  • Post on 2013.10.31 08:38
  • Categry : 暮らし
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
さいたまへ越してから、ものを買うときにかなり慎重になった。

一番の理由は狭い部屋だしものが増えても収納できないから。

だから、最初に買わず今に至っているのは、
炊飯器とアイロン。

どちらも必要なものと思い込み、
最初は引越しで色々と要りようだったので、
しばらくはご飯はお鍋で炊こう!ってことの間に合わせだった。

けれど、お鍋(今は駅弁の釜飯の器)で炊くことに慣れると、
たいした手間でなく、しかも炊飯器よりも美味しいから、
「これはいらないぞ。。。」ということに。

おかゆを炊いたり、炊き込みご飯をたいたり、おこげができたり、
色々と愉しんでいます。

DCF00286.jpg

アイロンも、同じ感じ。
カットソーが多いからシャツを着ることが少ないのと、
乾すときにキレイにたたいて伸ばし、寝押しをしたり。
どうしてもの場合は、クリーニングに出す。

こうして、今まで便利なものを買い足すことを40年間続けてきた。

「あれば便利」なものを、しょっちゅう東急ハンズやら、100円ショップやらで見つけては買ってきた。

だけど、「なくても、これを利用したら必要ない」っていうことを
自分で考え、それを見つけられることのほうが今楽しい!

だから、こないだハンズへ行った時でも「これは便利買いたい!」と思ったら、
「いやいや、これは無くても良いんじゃないか?」と自問自答し、
あれこれ想像し、考え、「これはあれを代用できるから、必要ないなぁ」とか、
「買ったとしても、そこまで必要でないかも!?」などという答えに行き着き、
勝った!と思って売り場を何も買わずに去るワケ(笑)

だけど、本当に便利なモノや道具がありすぎて、
自分で工夫して、知恵を出しすことが減ってきたと思う。

だからモノをたくさん持つことが必ずしも豊かでない、
と警鐘を鳴らすことが多いのはそういうことかな。。。

勿論必要な道具を手に入れることは必要。
けれど今はモノがありすぎて、ヒトとしての知恵を失うばかりか、
モノに囲まれすぎて暮らすことも、一つのストレスとなってもいる。

私は今回の引越しで小学校から集め続けていた、壁一面の本をほとんど売ったり、
図書館へ寄付して、数冊の本だけを持ってさいたまで暮らしている。

埼玉の部屋はとてもシンプルで、必要なものしかない。

だから、モノが生きて、循環している。

実家にいたときは、たんすのこやし状態になったモノが多かった。
そしてそのことがストレスだったように今改めて思う。

何でも、プラスするよりも時としてマイナスをすることが、必要かなと感じる。

スポンサーサイト

猫おばさんの続き

  • Post on 2013.10.30 21:11
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
やや酔いつつDVD録画の整理をしていたら、、、
北の国からが出てきたのでもう一度観た。

こないだの猫おばさんにつながる話。

なのでまた考えさせられました。
しつこいですが、よければお付き合い下さい。


この北の国からのお話は、以前にも書いたかもしれません。

とても印象的な話で、
蛍ちゃんがキタキツネに餌付けをしていたことを
先生が、色々話をする。

すると正吉君が「狐は悪さをするから慣らすのが間違ってる」と言う。
喧々諤々に子供たちが言い争いするが、、、

先生は言う。
「慣らすのは間違ってるかも?自然の生き物だから、
人間が手を出して、自然の力を失うのは駄目じゃないか?」


猫おばさんのエサやりもこの話とやや似ている。
ただ猫は野生の生き物でなく、
人間が飼っていたのを捨てられた違いはある。


先ほどNHKクローズアップ現代で
やなせたかしさんのアンパンマンが出来るまでの話をチラッとみた。

今夜再放送なので、もう一度じっくり観ようと思うが、
これが答えなのかなと思う。

アンパンマンのように、例え自分を犠牲にしてでも、
与えることが出来るのが正義だと。

温かいところで、ぬくぬくとしての施しは、正義ではない。

けれど、助けたくなるのが人間だと思う。

正しいことをしているということでなく、
したくなる衝動を抱えて、行動を猫おばさんは起しているんだと思う。

だから猫おばさんは苦情を言う人や、
猫の被害を受けて、困っている人には迷惑なことはわかってもいるはずだろう。


だから猫おばさんの件は、どちらが正義とかではない。

どっちもどっち。

ただ私が気になったのは、
正義と疑うことなく、匿名で看板を用いて攻撃していることが
気になったんだろう。。。


酔っ払いなので、しつこくてすいません(^_^;)

最近のスキンケア

  • Post on 2013.10.29 07:24
  • Categry : 美容
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
最近、スキンケアに
ニベアを使っています。

ニベアは匂いがきつく、
べたべたするイメージで苦手したが、
いいらしいという話を知ってチャレンジ。

http://matome.naver.jp/odai/2134684930260757701

青缶はさすがに、最初はハードルが高いので、
チューブタイプを利用。

ベタベタはするので、仕上げにベビーパウダーをはたく。

なかなかお肌の調子が良くて、気に入っています。

色々試しましたが、これが定番になるかもです!

みのもんた

  • Post on 2013.10.28 07:16
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
ワタシはみのみもんたさんはがいなんですが、
息子が罪を犯して、報道番組を降板するっておかしくない?

どう育てても、子供は親の言うとおりに育つわけでなく、
勿論親の教育が影響を多大に与えることは確かだけど、
同じように育てても違う人間となっていくわけで、、、
無関係とは言わないけれど、
親の仕事を辞める行為が、
果たして30歳の息子の犯罪の責任を取っているのかな?

とてもそうは思えない。


みのもんたさんの、この行為もおかしいし、
ここぞとばかりに嬉々として
つるし上げをしてる
マスコミにもうんざりする。

普段はへつらっているくせに、
世論を味方につけ、みこしを担げると、
しれっと、嬉しげに攻撃する。

何が大事で何が本質か。

ほんとうにみのもんたさんは嫌いだけど、
ちゃんと考えて見極めたい。

ワタシは、この報道では、
こんなくだらない報道を、
大きくとりあげることと、
手のひら返したテレビの中の人たちやマスコミの
嫌な感じに、いやらしさを感じる。

猫おばさん

  • Post on 2013.10.27 09:14
  • Categry : 暮らし
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
野良猫にえさをやると言う行為。

猫好きからすると、OKですが、
猫の被害を受けてる人には大問題です。

この問題については猫好きとして、
以前から色々思うところがありますが、
はっきりとした答えは出ません。

そして、自分はえさをやらないけれど、
そういう非難をする人もいる中で、
猫にエサをやる人に、ひそかに応援しているという
意気地なく、卑怯なワタシ。


先日、ある公園の中に看板がありました。
そこには、ちょっとショッキングな言葉が。

「無責任に猫にエサをやらないで下さい」

確かにその通りでもある。
しかし、はっきりと迷いも無く、遠慮もなく、
「無責任」と言い切っている感じにぎょっとしてしまった。

色々な人が暮らし、様々な考えがある社会において、
これが正義であるといいいることの危うさ。
正義という神輿を担ぐと、その反対勢力に対し、
強く、責め、自分たちの正義が本当に間違いの無いことかを鑑みることをしない。

ここまで言うと大げさな感じであるが、
そういうニュアンスを感じた。

例え、間違いが無い正しいことであっても、
相手の気持ちも慮り、向き合って言うことが
今の社会では特に大事なのではないだろうかと思う。

幸せについて

  • Post on 2013.10.25 12:25
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
愛読しているブログ「おっさんのひとり飯」で最近書かれているのが
「幸せについて」。

このブログを読むといつも何か自分で感じていることが
言葉となって書かれていることが多く、
「あぁ、自分が思っていたことはこのことだったのか」と
気づかされていることが多々ある。

、、、で幸せについて、である。

おっさんの場合の幸せは、
「新福菜館三条店で昼ビールに餃子にラーメン」を食べることが
一つの幸せだそう。

なんともささやかでほほえましい感じがするが
おっさんが言うには
ただ、それはその食べると言う行為だけが幸せなのではなく、
昼にビールを飲むという背徳感など
色々な気持ちが含まれていると言う。

なるほどと思う。

私も埼玉で一人暮らしをして、幸せを感じることがある。

しかもそれはおっさんのラーメンのような、小さい幸せ。

例えば、
「自分で作った料理でちまちまとながながと一人で晩酌をすること」や、
「休日に朝から一通り掃除をして、昼食には残り物を活用した料理に昼酒」など。

まさにおっさんなのである。

これがなぜ幸せかを考えると、
一人晩酌は、今まで40年間生きてきて、
一人で作ったものを一人で食べるということが出来なかったから幸せなのだろうと思うし、
また反対に、たとえ現実には一人であっても、一人と感じない自分が嬉しいなど。。。
残り物昼酒は、残り物を活用し、なおかつそれを楽しみすらに出来ているのが幸せで楽しいなど、、、
まぁ説明しだすときりが無いが、そういう背景があるわけだ。

また、一人で苦労することや不便なことも多々あるが、
その場合にも、両親のもとでぬくぬく暮らしていて知らなかったことが
気づかされることのほうがありがたく、素直に感謝ができるようになる。

物質的には、以前より恵まれてない部分もあるが、
精神的にとても幸せを感じ、日々暮らしています。

冷え性

  • Post on 2013.10.24 08:08
  • Categry : 暮らし
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
夏生まれだからか夏は大好きなのですが、
反対に冬は苦手。

身体が冷えて、活動しにくくなる。

特に足先が辛い。

しかしどうやら、私の足先の冷え方は普通でない様子。

常に指先とかかとが冷えている状態。

五本指靴下などを履いても改善はされません。

去年の骨折を機につねに足首を回してみたり意識して気づいたのは、
足のくるぶしから下の動きがきちんと動いていないから
決行が悪く、むくみやすくなり、冷えやすい脚になっているみたい。

じゃあ対策はどうしたものかというと、
とにかく足首を回してほぐすこと、
歩くときにも、きちんと足裏を動かして歩くことを意識すること。
足をマッサージすること。

これらを最近し始めてみたら、確かに足先がぽかぽかして
今までのように、寒くて動く気がなくなることなく活動的に!!

骨折したから、そこで新たな気づきがもらえたなぁ~

小我と大我

  • Post on 2013.10.11 20:34
  • Categry : 
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
友達に借りた本に小我と大我とあり、
その言葉が最近
ぐるぐる私を諭してくれます。

小我とは、自己中心的な愛のエゴ。
大我とは、大きな愛。自分以外の人のための愛。

だから、何かにぶつかったときに、
小我なのかを問うてみて、、、
自分のエゴならちょっと引くっていう風にしたら、、、
いらいらすることや、ぶつかることが減ってきた。

っていうかむしろ毎日感謝だらけ!!

まぁいつまで続くか分からんけど、
それはそれで良しかな(笑)

渋谷へ

  • Post on 2013.10.03 23:46
  • Categry : 芸術
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
ガラコンサートなるもに誘ってもらい
NHKコンサートホールへ行ってきました。

場所は渋谷。





渋谷のあまりの都会さに驚きながら、
会場に着くと、渋谷駅前の喧騒はどこへやら、
とても静かで落ち着いた雰囲気。

客層はご年配の方が、多い、

コンサートは生の音楽と歌声に触れ
感動し、色々気持ち良く、色んなことを
思い出したり、考えたりし、何やら良かった!

ライブで何かを観るのは、
パワーを貰えますね♪

白ご飯

  • Post on 2013.10.02 00:14
  • Categry : 
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
埼玉へ引っ越して、未だ炊飯器を買わずにいる。

もともと、お鍋で炊くのが好きだったので、
とりあえずお鍋で炊いていたら、特に必要にも感じない。



確かにスイッチ一つで炊けるのは便利だけど、
場所もとるし、炊き上がりは直火のほうが美味しいし、
出来上がったときの喜びも大きい。



ご飯を炊きながら火加減を気にしつつ、
隣で副菜を調理する。

蓋からぶくぶくと糊になったお汁が溢れそうになるのを見て、
子供の頃のキャンプで食べた飯盒で炊いたご飯を思い出した。

初めてのキャンプは確か小学校三年生。

定番のカレーとご飯。

その頃の私は大変な偏食で、
食べれるものを数えるほうが楽なくらいの子供だった。

もちろんカレーもカレーのスープが美味しい(それもはじめの一口くらいまで)
っていう感じだった。

だけども、キャンプで食べたカレーはとても美味しかったので
初めて一皿食べきれた覚えがある。

我が家ではその当時はご飯をガス釜で炊いて、電子ジャーへ移していた。

だから今の電子ジャーよりも限りなく直火だったんだろうけど、
やっぱり、ことこと炊きながら、ご飯の香りが漂い、
おこげも出来上がって、、、っていうご飯と
機械的に作ってるご飯とは味だけでなく、楽しさが違ってたんだろうなぁ~。

お料理を愉しみながら、遊びながらすることが、
美味しさを引き出す一つの調味料なのかなぁ~なんて思う。。。

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。