プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人が町を育てる

  • Post on 2013.04.23 12:40
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(1)
家の向かいの公団住宅の中に出来たおしゃれなカフェ 喫茶店「uzuビバレッヂ」。

http://locoplace.jp/t000364602/

ヴィバレッジ (3)

とてもいい雰囲気なのに、あまり人が入っていない。

潰れたら困る、宣伝せねば!!と思って行ってみた。

オーナー夫婦とお話をして、旦那さんへ色々とレクチャー。

私もおせっかいおばさん満開で、すっかり地元の重鎮気取りです(飲食専門のね)

すると、四条大宮界隈で飲んでおられるお方がすでにやってきて、
色々と同じようなことをレクチャーしていたそうです。


みんな同じ思いで、町が活性化するように、
いいお店は潰れないように、人と人とのつながりが出来るように、気をつけて、
町を育てているんだなぁ~ってしみじみなんか嬉しくなった、ある日曜日の独り言。

喫茶店「uzuビバレッヂ」



関連ランキング:喫茶店 | 四条大宮駅大宮駅二条駅


スポンサーサイト

島原の角屋さん

  • Post on 2013.04.22 15:05
  • Categry : 京都情報
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
我が家からわりと近い場所である島原。
最近仲良くしてもらっている方が住んでおられて
ちょくちょく行ってますが、昔の町並みが残り
とても素敵なエリアです!

島原

だけど、あまり知られてないのか人も少なくて
穴場ポットです。

そして昨夜、その島原エリアにある
「角屋 もてなしの文化美術館」の美術館会館15周年イベントで、
開館時間を延長された夜間営業で、八重桜のライトアップを見に行ってきました。
しかも一人で(笑)

島原 (1)

島原 (7)

通常営業は夕方の時間帯までです。

時間が遅いからか、美術館内にいた人は、カップル4組のみ。
ひとりなのは私だけ(笑)

おくどさんのところで靴を脱ぎ、
島原 (6)

松の間へ。

島原 (5)

新撰組の刀傷のお話や、
揚屋と置屋の違い、
花街と遊郭の違いを知り、
なるほどと思ったり、歴史を身近に感じて楽しい。

新撰組の刀傷は、
池田屋のような暗殺などの行為によってついたものでなく、
つけで呑めないから腹いせにした傷が3つほどあるらしい(笑)

揚屋は、大きな台所があり大きな座敷があり、
お茶室があるものをさすそうで、今でいうところの料亭。

置屋は芸妓がいて、お店へ派遣する場所。
お茶屋兼務の置屋は仕出しで宴会もするそうです。

遊郭は歓楽するだけの場所だけど、
花街は俳句の会などをしたり、宴会をしたり、
時には自分の母を連れて接待するなど、
文化サロン的な要素があるらしい。

太夫は芸ができる。
花魁は芸ができない娼婦。

ここまで書くと身も蓋もない感じですが、、、(^_^;)

まぁ聞いていると、「遊郭とは違うんどすえ~!!」ってな
京都人らしいプライドが、説明のはしばしにあって面白い。


こういう京都人のプライドってばかばかしいなぁって思っていたけど、、、。

こないだ高知の居酒屋さんで色々とお話を聞いて、
自分は京都にいるから、わかってないことがわかった。

高知の店主が言うには、こういうプライドや気概があるからこそ、
守られ、引き継がれている伝統、文化、習慣がある。

確かにその通り!!

私がわかっておりませんでした(^^)



話は戻って島原。

島原周辺には、きんせ旅館さんや、
ヒュッゲさんなど、独特の雰囲気のあるゆったりとしたおしゃれなお店もあります。
(言ったことないけど、どちらもとっても良さそうで一度行って見たいお店)

http://www.kinse-kyoto.com/

http://ameblo.jp/karin0321/entry-11327394478.html




穴場の京都へ、どうぞお越しくださいませ~(^^♪





羨望という感情

  • Post on 2013.04.18 12:25
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
最近思うこと。

絵に描いたような幸せっていう表現がありますよね。

これって、見た目はいいけど、実は中身は、、、っていうことですよね。


この歳になってから、見た目や人の目を気にしなくなってきて、
また他の人と比較するということもなくなってきた。

もちろん他人の幸せを見たときに、羨ましい感情は湧く。
けれど、絵に描いたような幸せであっても、
中身(心)が幸せでない場合があることを知っているし、
必ずしも外から眺めただけでは、事実は見えないとわかっている。

だから、エリートで仕事も出来て、家族もいて、完璧という
絵に描いたようなすごい人がいても、
もう、羨ましいだけの感情は無くなった。

そして、それは一つの個性ともいえるだけのもので、そんなに羨ましく思うものでもない。

例えて言うのならば、ブランド品のカバンを持っている人を羨ましく思う気持ちはなく、
安いものであっても、自分だけのお気に入りを大事に使えている人が素敵だと思う感じかな!?

だから人とは肩書きなしで付き合いたいし、そうなりたい。
まだまだだけどね(^_^;)

ただ、やっとそういう社会一般的な羨望感から離れ、
自分なりの価値観がもてるようになってきた。


ところで、このようにいわゆる社会的に成功をしている人を
ふつう人は羨ましく思うものだが、
私のような40歳を前に結婚もせず、仕事も転職だらけ、貯金も無く、
将来が不安だらけの私のことを
羨ましいと言ってくれる人もいるのはちょっと面白くて愉快。


きっとそれは私が世間体や、世の中の決まりごとから少し離れ、
自由であるからだろうと思う。

少し自分の価値観で、自分の価値を見出せつつあるからだと思う。

まだまだまだまだだけど、そう思ってもらえるのは、ホントありがたい話である。

これから、もっともっと自分を磨いて、自分の心の声を素直に聞いて生きていこうと思う。

高知旅行2013

  • Post on 2013.04.16 21:07
  • Categry : 旅行
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
土日でまた母を連れてのお墓参り。

1泊で高知へ。。。

お昼前に出て、ゆっくり向かうのでいつも5時間ほどのドライブ。

途中SAで昼食を食べました。

SAのごはん

SAのごはん (1)

確か淡河ってかいてオゴって読むSAで、
全く料理に期待してませんでしたが、安くて中々美味しかったです!

そうして夕方17時に高知ICを降り、宿にはすぐに向かわず、スーパー銭湯へ。

高知市はスーパー銭湯が充実しておらず、
調べると街中には「ぽかぽか温泉」という銭湯だけ。

場所が少しわかりづらく、地元の人で一杯!

だけども、水風呂や温泉も磯の香りがして気持ちのいいお湯!!

さっぱりリフレッシュして街中へ。。。

電車

ここ最近定宿にしているリッチモンドホテルへチェックイン。
帯屋町という高知市の中心のアーケードにも面していて、
裏手のほうから入ると、京都の木屋町エリアのようなディープゾーンにも接してます。

おびやまち小路


とても飲み歩きに最適で、お部屋はゆったりしていて、いいホテルです。


身支度を済ませて、母お気に入りのお店「どんこ」さんへ。

去年来た時にも人気のお店でしたが、さらに人気のお店となっていて、
予約なしでは入れません^_^;

去年とほとんど変わらないものを注文。

どんこ (1)

どんこ (4)

このお造りだけは今回お初。

どんこ (3)

コーローっていうお造りです。

それから、うつぼのから揚げ。

どんこ (5)

から揚げは初めて食べたように思いますが、
鶏肉のような味わいで、不思議な食感で美味しいです。

どんこ (2)

定番のサバ寿司。

どんこ (6)

そして茶そば。

どんこ

さらにしめのもう一品。
鯛ワタ茶漬け。

これ最高のしめでした!


あれこれたくさん美味しく食べ、店主と色々お話をし、
カウンターのお隣にいた高知の方たちとも話しをし、、、
ここいら辺でいい頃と思ったら、母が反対隣の人とも話しててスイッチオン!!

じゃ~私も行っときましょうかってことで、、、
結局24時くらいまで飲んでいました^_^;

そうして、宿に戻り、勢いづいた母はコンビニでビールを買い、
まだ部屋で飲むとのたまう始末。

恐れてましたが、お風呂に入ったら、
結構疲れていたようで、寝ていたので飲まずにすみました。
(ヨカッタヨカッタ)


そんなわけで、二日酔いにはならずに
翌日の日曜日の朝、日曜市でお墓参り用のお花を買いお墓参りへ。

お墓 (1)

おじいちゃんおばあちゃんへ心の中で色々と交信し、、、
また市内へ戻り、日曜市へ。

日曜 (1)

日曜いち

日曜(2)

日曜

いちごを一箱大人買い!

イチゴジャム (1)

大人買い気分ですが、お値段なんと4パックで500円!!

それから、生姜やトマトを買い、
色々と売られているものを買いそうになりながら、
ぐっと我慢。

そしてお昼ご飯でひろめ市場へ。

ここで、高知の須崎という場所のお仕事でずっとお世話になっていた方と会いました。

一時間車を走らせ会いに来てくださったんです!

仕事ではかなり密に色々やり取りをし、時には喧嘩になったり、
泣いて、あやまり、無理難題を頼み込んだり、、、。
色々とありました。

いい職人さんで、色々と助けてもらった方。

電話で声だけのやり取りですので、てっきり年配の方だと思っていたら、、、
一つ上のやさしそうなお兄ちゃんでした!びっくり。

3人で食事し、色々と案内してもらい、さらにこの日は郊外にある
おみやげ物屋さんまで案内してもらいました。

温かさと優しさにふれて高知を後にしました。

ほんとうにいい小旅行でした。

高知は、毎年行くけれど、いつ行っても飽きることの無い、
パワフルで楽しく、人がなつっこい街です。

子供や動物に対して、、、大人であること。

  • Post on 2013.04.12 08:24
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
昨日、家へ帰ると猫が部屋に飾ってあるサボテンの鉢を倒していた。

砂が床にまかれて散々な状態。

こういう状況を父や母が見ると、怒って猫を叱る。

だけど、猫が悪いのでなく、倒しやすいものを置いておく私らが悪いと私は思う。

だから、先に見つけると、安堵する。

「お父さんやお母さんに見つからず、叱られずにすんでよかったなぁ~」って。


子供を育てた経験がないけれど、幼い子供さんも同じことだと思う。
動物も子供も、善悪の区別がまだわからず、
興味や関心を惹くものに対し好奇心で動くから。。。

だから、子供や動物が悪いわけでなく、
大人がちゃんとこういうことを招かないよう未然に防げるようにすることが大事。

それが大人であることの一つだと思う。

勿論、子育てはとても大変で、猫を飼うのなどと比べて失礼なのは百も承知。
子育てのストレスを主婦となった友達から聞くと確かに大変だろうと思う。
昔は、主婦であっても、おばあちゃんおじいちゃんなど他の家族や、
お隣さんなどとつながっているけれど、
今の時代はそういう時代でなくなったから、一人で赤ちゃんを育てるとなると、
煮詰まって、イライラもするだろうし、あたることもあるとは思う。


大変だけど、最近の親になっているヒトは、
大人でないヒトもいるようで、子供の躾を履き違えて、
ただ腹立ち紛れに、自分の感情をぶつけて怒っているヒトもいる。

そんなヒトは親になる資格は無い。

だけど親になるヒトがいる。

せめて社会や周りの大人がそういう子供を見守ってあげて欲しいものと思う。


勿論私も偉そうなことを言いつつも、まだまだ人間できておりません。

私も猫が吐いた吐しゃ物を踏んだり、
部屋を汚されたりしたときには、「くそぅ!」って腹も立つ。

だけど、動物や子供に当たったらいけないとは知っている。
そして大人になろうとしている。


多分こういう風に強く思うのは、子供のときにいろんなことで
両親に猫たちと同じように、わりと理不尽に叱られたことが原因かとも思う。

いい意味のトラウマであり、いい意味で反面教師。

図書館の本

  • Post on 2013.04.11 08:22
  • Categry : 
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
こないだ借りたのはこんな感じ。

本

一人10冊までを2週間借りられるので、
予約して届いた本以外でも
蔵書を適当に見て色々借りています。

年とともに気持ちが老いていく母に
興味や感動を与えたいと思い、
あれこれ楽しんでもらえそうな本を探して渡します。

図書館の本だから、
もしも面白くなければ返却すればいいので、
読まないといけないというプレッシャーがない分、
あれこれ読んで楽しんでくれています。

特に健康に気をつけてもらいたいから、食事や健康の本がメイン。

口で言ってもけんかになることもしばしばですが、
本からなかなかいい影響をもらえているようで、
最近姿勢を気にしたり、
ゆるゆるのパンツ(ズボンのことね)をはいていたけど、
それだとどんどん身体がゆるむからと、少しきつめのズボンをはいたり、、、
青魚が身体にいいからと、
いまイワシがやすいからと言って買ってきたり、、、
お野菜や調味料など素材について考えて
工夫してお料理をするようになったり、、、
とてもいい感じです(*^^)v

また、先日たまたま借りた三浦綾子さんの「母」という本にとても感動して、
その感動を私にメールで伝えてくれたりもしました。

私も読んでみようと思っていますが、
母にそういう感動を与えてくれる本たち。

そして歳をとっても純粋に興味をひらける母がとても嬉しく、
図書館利用にますますハマっています(*^_^*)

かますご

  • Post on 2013.04.10 12:23
  • Categry : 
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
かますごというちいさなお魚が今スーパーで安く売ってるそうです。

安くて美味しい上に調理も簡単なので、我が家ではよく食べています。

フライパンで油も引かずにただ焼くだけで、お魚から丁度いい具合に油が出て、
こんがりとおいしそうに焼きあがります!

それにポン酢をかけて食べるだけですが、美味しいんです。

昨日はちょっとそれをアレンジして、洋風にしてみました!


既製品のお魚に振って焼くだけのスパイスがあったのでそれを両面にふって、

かますご (1)

熱したフライパンで焼き目がつくまで焼く。

かますご (2)

出来上がり。

かますご

簡単で美味しいのでオススメです!

昨夜はそれ以外に、

カプレーゼ風サラダ。

カプレーゼ

スライスしたトマトと、冷蔵庫にあったクリームチーズやプロセスチーズをまな板に並べ、
塩と胡椒を振り、オリーブオイルをかける。

お皿に盛り付けて完成。

バジルがまだ育っていないので、彩りにアスパラをのせました。

それから、肉食系おじいさんの父が買ってきた塊のベーコンがあったので、
タジン鍋で炒めました。

アスパラベーコン

これも油を引かずにベーコンに焼き色をつけて両面焼いたら、
下茹でをしたアスパラをのせ、コショウを散らし、少しオリーブオイルをまわしかけて、
蓋をして蒸し焼きにしたら完成。


タジンはいつも器ごと食卓に出します。

蓋があるから保温されたまま食べられるのが便利!

ほかに野菜サラダや、お気に入りのお豆秘伝豆に冷凍ピザ。

そしてしめに明太子パスタ。

明太パスタ

父もたいそう喜んでくれてました。


秘伝豆は、ちょっとした差し入れにと大量にゆがいて、豆御飯も作りました。

軽く洗って水にさらして12時間。

秘伝豆 (1)

もどし汁ごと湯がく。
塩を入れて中火で10分。

アクをすくう。

秘伝豆 (2)

茹で上がったら茹で汁は炊き込みご飯に使うので、捨てない!

秘伝豆 (3)

お豆にお塩を振る。

秘伝豆

豆御飯は、茹で汁と塩で炊く。

炊き上がったら豆を混ぜる。


おにぎりにしました!

おにぎり

皆さん豆の味が濃くて美味しいと喜んでくださいました(^^♪

毎日呑んでおります。。。

  • Post on 2013.04.09 12:28
  • Categry : 
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
関東へ旅立つことを伝えると、、、
皆さん呑もうとたくさん誘っていただき、毎日飲み歩き。

金曜日は、三条商店街ツアー。

魏夷飯店

魏夷飯店 (1)

小龍包はかなり美味しい!!

魏夷飯店

それから歩いて屋台あみたつへ。

大変な人気で週末は、座れない。

時間が21時で、19時くらいからのお客さんが帰る頃だったので、入れ替わりで入って
ワインで乾杯し、23時で店を後に。。。
お開きにしようと阪急で帰る友達を見送りに四条大宮へ行ったのが間違い(?)

寛遊園の入り口に出来た、スペインバールを見て、ちょっと呑もうとなり、、、
トイレへ行くついでに、寛遊園を軽く案内したら、「よるカレーも気になる!」
って友達にスイッチが入り、4軒目によるカレー。

よるかれー

そして帰宅は2時。

翌日は予定していたアロママッサージのスクールも休み、
夕方に友達と会うのも日を改めてもらい、、、
そして19時にまたお出かけ。

今回の就職にあたりお世話になった方へ報告and呑み。

島原の蛸松さん。

蛸松

まだコンディションがいまひとつだったので、
ひたすらモズク酢を3つ食べて、お店を出て、
今日こそ軽めに帰ろうと、寛遊園にてよるカレー。

そして、カラオケがしたいなぁってことになり京子さんへ。

京子さん

京子さんはおっさんのひとり飯で行ってみたいお店でしたが、
なかなか入る勇気が無かったのですが、入ってみるととても気さくで、
お料理は美味しいし、カラオケは歌えるし、安いしということで、またスイッチオン。

京子さん (1)

京子さんも熱唱されて、ますます楽しくついつい長居をしてしまい、、、
そして、結局家へ帰ると3時(-_-;)

ただ、この日はちゃんぽんをせずに日本酒の燗だけにしたことと、
(よるカレーで赤ワインを二杯飲んだけど)
休憩がてらお水をたくさん飲んだことと、帰りにコンビニでヨーグルトドリンクを買って、
帰宅してから飲んで、翌朝も飲んだからか、割と翌日のダメージなく、
ジムへ行き、汗をしっかり流して、日曜日の夕方また町へ。。。

石塀小路のしぇりークラブ。

しぇりーくらぶ (2)

凄い素敵なお店でした!

しぇりーくらぶ (4)

汗を流してすっかり回復したので、シェリー酒を色々堪能。

フィノという白ワイン風のものからスタートをし、
しっかりした味わいの紹興酒のようなものをいただいたり、
あの高いところから注ぐ技をのシェリーを頂き、
味が開いたものとの味比べをしたり、、、。
いい具合に美味しく味わっていただき、お店を後にして、
フィンランディアで飲みなおし。

日曜はあまりに寒かったので、ホットカクテルを二杯頂き終了。
バーにはほとんど行かない人間でしたが、
こういうちゃんとしたオーセンティックなバーって
良いものだなぁってこの歳になって、やっと少しわかり始めてきました。

そうして、月曜日。

仕事を早めに終わらせてもらい、円山公園にて花見。

円山公園 (1)

桜はほとんど散ってましたが、いいものですね。

円山公園

そして、八坂さんからねねの道を通り、安井へ。

KappoBar 土井さん。

祇園 (2)

ご夫婦でされているお店で、お酒の種類がマニアックで、
ご主人に「純米酒でぬる燗で生酛系。。。」というといろんなお酒を
楽しげに出してくださいました。

祇園 (3)


祇園 (8)


ホントにお酒が大好きっていう気持ちに溢れておられて、ついつい飲み過ぎましたが、
いいお酒だったので、翌日に残ることなく美味しく頂けました。

祇園 (6)


この日はラーメンを一蘭さんで頂き終了!


そして今日は、蛸松さんにてご常連さんで私も仲良くしていただいた方の送別会。


明日は、、、まつがさき酒店で私の送別会があるかも(?)


週末金曜日は会社の先輩と呑み。。。


土日は、高知へ母を連れてお墓参り。
高知では、仕事の仕入先の材木会社の職人さんと合流する予定。


日曜日は京都へ帰り親友であり、同士であり、尊敬している友達と呑み予定。


月曜日は有給を取り、精華大テニス部の後輩たちとお昼から会う予定。


盛りだくさんで、こんな遊んでばっかりでいいのかなと思うものの、
本当に有難く、それに気力が充実しているから、ちっとも疲れないし、胃腸もとっても元気(*^^)v

身体を十分気遣いながら、1ヶ月半を疾走しようと思っております~







報告です!

  • Post on 2013.04.04 12:57
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(2)
次のお仕事が決まりました!

紹介をしていただきこのたび採用となりました。

来月の5月21日から新しいお仕事です。

またただ新しいお仕事になるだけでなく、
職場は埼玉県の大宮なので、
関西を離れること。
一人暮らしをすること。。。

大きな変化です。

京都を愛してやまないので、
離れるという選択肢を持てなかった私ですが、
離れることもアリと思え、すんなりと受け入れられました。

しかし父に母、姉には猛反対を受け3月はいろんな意味で大変でした。

家族はまだ納得をしていないようですが、
私は前向きに、新しい状況を与えてもらえたことに感謝し、
楽しみつつも、浮き足立ちすぎないように気をつけ、
自分らしく、ブレずにやっていこうと前のことしか見ていません。

私はやっと機が熟したと思っています。

今まで愛してきた土地であり、
大事な友達がたくさんいる場所から離れることを
受け入れられる一つに、こういったインターネットで繋がれるということがあると思います。

たとえ京都に住んでいて近くにいても、伝え合えない気持ちがあったりもします。

フェイスブックやブログを通して、いろんな人との気持ちの交流が出来、
今までとても勇気付けられたりもしてきました。

私はもともとはアナログ大好き人間なので、
パソコンなども使うものの、基本的には否定的。

だけど、会って話をすることや、時には自筆で手紙を書くことも大事ですが、
日常的に、ストレスなく、人と軽く交流を出来るツールで、
これは否定できないなと思います。

とにかく、来月から新しく生活を始めるため、一日一日をしっかりと頑張っていこうと思います。

みなさまよろしくお願いいたします!

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。