プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋をしよう!

  • Post on 2017.01.31 08:46
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
恋は下心、愛は真心。。。

サザンの歌詞のワンフレーズ。

ほんとその通り。

愛は真心。

だから、愛が高尚で、
恋が軽いようにも思いがち。

けれども、フランス人のように、
いつも誰かを口説いたり、好きになったりを
死ぬまでできたら素敵。


恋できる大人になろうと思う。

そしていつでも恋が出来る人でありたいと思う。

そんなことをふと思ったりする今日この頃。

スポンサーサイト

すでに三日坊主ですが、、、

  • Post on 2017.01.24 14:39
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
ブログをなるべく週2日は続けると書きつつ、、、
早くも出来ておりませんが、ご安心ください。

今、体力づくり、身体づくりを中心にしています。
すると、非常に良い循環が出来、
仕事がはかどり、忙しいのが原因の一つ。

また、仕事が忙しくなれば、
多くの方と会えるので、
感動を得、情報を得るので、
それをきちんと咀嚼して、表現するには、
少し時間を要するというのも原因の一つ。

そんな感じで、2017年は
いい感じに動き出しております。

とはいえ、きちんと有言実行出来ないといけません。

そんなことで、
ブログでご報告させていただきますね!

「弱点も個性」精神的成熟(新聞より引用)

  • Post on 2016.07.14 11:12
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
先月の出張続きの時
読んだ読売新聞に、
「自虐的なユーモア」について、
日本笑い学会 会長 森下教授(関西大学教授)が、
以下のように説いていた。

(以下、ほぼ流用)

=====================================

東京以外はしょせん田舎。
それがどうした。俺たちにも誇るものがあるー。
各地に潜むある種の劣等感や反骨精神が、
近年の「自虐的ユーモア」による、
ご当地PRを生み、共感を得ているのだろうと。
(たとえば鳥取の「スタバはないけど
日本一のスナバ(砂場)がある」など)

そして、ここがなるほど!!!

「自虐」をユーモラスに発信するには
弱点を客観的に自覚して下手に出る度量と、
人を不愉快にさせない表現を選ぶ知恵が求められる。と。


さらに、受け取る側にも。。。

目くじら立てずに受け流す心の余裕が必要。


社会や人の精神的な成熟が、
「弱点も個性」とやさしく受け止め、
笑いとして楽しんでいるのではないか。
=====================================

ちょっと、うなる思い。

高校の頃から、

いわゆるお子様ランチ的な、
わかりやすい笑いよりも、
シニカルな、ニヒルな笑いに惹かれ、
そこから、センスのある自虐的な笑いを、
どう演出できるかっていうのを、
無意識に、求め、選んでいたからだ。


弱点を、いかに美点へ持っていけるか、
そして、自虐的なことを、いかに笑いにできるかが、
強さであり、知恵であり、センスのある人と思うし、
そうありたいし、それを分かり合いたい。


例えば男性の頭が薄い人が、
それを隠したり、その話題に触れないように
必死にしようとすればするほどに、
ちょっとまわりも困る雰囲気に。。。

それを、少しユーモアで突っ込める人って、
大きくて素敵でセンスのあるな人だと思う。

毛が生えている、見た目だけのかっこいい人よりも、
かっこいいなぁと惚れてしまう。

なかなか出来ることではないんだけれど、
社会的な成熟と、人としての成熟で、
弱点を個性にしていきたいし、
そういう人が増えていくといいなぁと思う。

職業に貴賤なし

  • Post on 2016.01.22 08:33
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今朝の通勤中の車窓から、工事現場の事務所であろう、プレハブボックスを目にした。

それを見て、20代後半の頃に、すごく私を傷つけた出来事を思い出した。

当時の私は派遣勤務で、職業に貴賤はあるような、、、
上場企業とかに行けたらいいな~っていうただの考えなしだった。

そんな私が、高校の親友の会社の女友達と一緒に呑みに行って、
実家は何をしているの?と聞かれ、ガレージを経営していると言ったとき、、、
「あー、箱(←事務所であろう)に一日いるんや~」と言われたことが、
一生の悔しい記憶。

きっと言った人も、聞いていた人も、だれも覚えていないけど
私はこの言葉、ことあるタイミングで思いだし、
自分は職業で人を判断したり、見かけで付き合うことは絶対にしないという
強い気持ちを与えてもらえた。

愛する母が、一生懸命に働く姿を毎日毎日、365日見ている私にとっては、
いつでも新鮮に気持ちをリセットさせてくれる言葉。

肝に銘じられてます。


こういう目線や考え方は、その人が悪いとかでなく、誰しももっているとは思う。

けれど、私はそうありたくはない。


一生懸命に仕事をしている人は、貴い。
どんなお仕事であれ、目的をもって、胸を張って仕事をしていればいい。

仕事はあくまでも手段で、人生の目的ではない。

奔放に、流れるままに生きてきただけだけど、
派遣から、契約社員、アルバイトの二重生活、給料未払い、、、などなどいろいろ経験できて、
営業でも、B to B も、B to Cも経験し、
まだまだ考えも経験も足りないけれど、
この気持ちを抱えながら、
慢心しないように、人と向き合っていきたいと思う。


ふぅ~、朝からつい熱くなっちゃった(*^_^*)

ずいぶんと、、、

  • Post on 2015.09.04 08:54
  • Categry : 独り言
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
ずいぶんと、アップできずにいました。

夏場は、いつも身体の調子を崩してしまい、
生活のリズムも狂い、ついつい、、、というのが
ここ2年毎年恒例となりつつあります(-_-;)

夏に向けて、運動と食事も整え、
身体も改造され、食事もコントロールすると、
食欲も自分でコントロールができるようになり、
正直無敵でした!

しかし、体調を崩し、体力が衰え、
だらだらと適当な食事をすると、、、
次第に、無敵バージョンは消え失せて、
やる気なしバージョンになってしまってました。

あれだけ仕事に意欲的だった自分、
トレーニングに意欲的だった自分、
知識欲に溢れ、やる気に満ちていた自分、
それと真逆になる。

仕事への意欲が失せ、トレーニングもせず、
知識欲がなくなり、ダラダラと無為な時間を過ごす。

私にはしばしばそんな状態がおとずれます。

何とかせねば、、、と思い、昨日から
簡単なトレーニングをして、食事もいい内容にして、
リズムを整えようとしています。

習慣力という本がありまして、
色々図書館から借りて読んだ自己啓発系の本の中で、
断捨離とともに、唯一買ってまでも手元において都度読もうと思う本があります。

それによると、
習慣を身に着けるためには、
早起きと、
日記を書くこと、
10の誓い(自分で作る)のチェックをすること、

だそうです。

私はこれに、トレーニングと、
おいしい食事を作って食べることを加えたいと思います。

いやいや、おいしい食材を買って、
おいしい食事を作って、おいしく食べることですね(#^.^#)

今日から徐々に、いい状態へもっていけるように、、、。

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。