プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うそも方便

  • Post on 2017.01.12 12:15
  • Categry : 仕事
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
私の今の仕事は、楽トレというトレーニングマシンを扱うお仕事。
全国1000カ所以上の鍼灸整骨院・介護施設・エステに導入されている「楽トレ」というもの。

その楽トレは、文字通り楽にトレーニングができるので、
介護施設でも使っていただいてます。

そこで、勉強のために、
全国85紙の新聞の報道記事の介護分野にまとめた月刊誌を毎月読んでいます。


切抜き速報 福祉ニュース 高齢福祉編という雑誌。

介護に対する世の中の流れ(国や自治体、介護現場)を
俯瞰してみることが出来るので、
読み始めてまだ半年ほどですが、非常に勉強になります。

その記事の中で、介護のみならず、
ご年配とかかわる場合にとても大切と思える記事があったので紹介。


「笑顔で認知症」というシリーズのコラム。

引き算の世界 受け入れて というタイトル。

その中で、心に響いたことが、、、

認知症の方を、
否定しないこと。

記事によれば、
認知症の人の記憶は直前のものは欠落するが、
数十年前の古いものは残っている。
今まで積んできた知識や体験をどんどん忘れていく「引き算の世界」に住んでいる。
介護する人が常識や理屈で説明しようとしても通用しない。

とある。

そしてうそも方便 とも。

例えば、食後、何度も
「ごはんを食べていない」という人は、
「さっき食べたでしょう」は納得しない。

「炊飯器のスイッチ入れ忘れた。ちょっと待っててね」と答える等。


これは、認知症の方のみならず、
通常の対人関係でも、相手を慮って
合わせることとも通ずると思う。

私たちでも、
同じことをまた同じ人へ
話してしまうことなどあるが、
そんなとき、
「こないだ言ってたよ」
っていう事よりも、
合わせて聞くことが大事。
と私は思う。

決して迎合することや、日和見ではなく、
人にやさしく、その人を認めることが、
自分を大事に、人を大事にしながら、
ともに生きていくことだと思う。
スポンサーサイト

  • Post on 2015.05.21 17:53
  • Categry : 仕事
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
昨日の会社の朝礼で話したことですが、、、

ビジネスは声が肝心という記事で、


インセンティブの意味

  • Post on 2015.05.20 08:45
  • Categry : 仕事
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
今の仕事では固定給プラス成果を上げた時
報奨金、すなわちインセンティブが発生する。

インセンティブという言葉は報奨金と思っていたが、
先日NHKのやさしい経済学という番組で、
インセンティブの意味を言っていたら、
直接の意味はなんと「刺激」だそう!!

刺激と聞くと、仕事柄EMS(電気的筋肉刺激)の
スティムレーションを思うが、これはきちんと調べてないが
カラダなど物理的な刺激だろう。

インセンティブの刺激は、
やる気を起こさせる・目的を達成させるための刺激
だそうです。

だから、それが多くの人にはお金であり、
人によっては、褒められること、認められること。

なるほどなぁ~。

これは仕事だけでなく、家族関係、人間関係でも関係するなと。。。

相手を認めること、承認することって大事だな、、、と。


意識して、他者を褒めること、人の良い所を認めるようにはしているけれど、
(まぁそういうことを言うことや伝えることがもともと好きなんだけど、、、)
もっともっと伝えていくことって大事だなって思った。

仕事力

  • Post on 2012.10.29 12:55
  • Categry : 仕事
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
先週は、仕事が忙しかった。

今の仕事で、こんなに忙しいのは初めて。
木曜日には4時間の残業。
一般にたいした残業のボリュームではない。
しかし、この残業で大いに色々学ぶことがあった。


数々の転職暦がある私。

残業は一番過酷なときには、確か月100時間くらいやっていた。
8時半から働き、朝の4時まで勤務とか。。。
そのうえ土曜日出勤。

それくらいは出来るという自慢、自負もある。

しかしながら、このような超過酷な仕事環境で、
精神的にも体力的にも追い詰められて転職を繰り返しているのだから、
そう大して自慢することでもない。。。

だからこそ継続して、働き続ける人は凄いと思う。


そうして残業が多いのが嫌ということで転職した今の仕事。

98パーセント残業なしの職場。

けれども、残業ゼロに近い仕事というのは、
当たり前だが暇な仕事。

この職場で働き始めてあと2ヶ月で、まる4年となる。

続けられる良い職場だが、
仕事を全力で取り組む能力が衰え
ゆるゆると仕事をしている自分がいて、それが歯がゆい。

それは無いものねだりとうすうす気付きながらも
軌道修正が出来ずだらだらした仕事を重ねていた。


そこで今回の残業。

色々な提出書類が一気に重なり、
さらに急な客先訪問で、丸一日外出となり、
1日作業できる日が無くなり、、、
提出期限が迫る。

これまで、ゆるゆる仕事をしていたから、
処理スピードが落ちていること。

早め、早めに仕事することをせず、
残った仕事が雪ダルマ式に仕事量を膨らませる。

これまでなら、
仕事の優先順位をつけ、
目標時間を設定して仕事を進めることなどなど、、、
スケジューリングして、
スピードを第一に仕事を進めてきたはずだが、、、
そうしようと取り組んでも、
ちっともスピードアップしない。

色々と、せっかく自分が経験してきた力が
衰えていることを改めて痛感。

まだまだ駄目駄目ですが、
今からでも取り戻して、
暇だからとゆっくり仕事をすることなく、

簡潔に、
スピードを持って、
丁寧に

仕事に励んでいこうと新たに思ういい機会でした!


ちなみに今回の仕事は、
データで作っている帳票を
わざわざ手書きに書き起こすという、
超アナログで、時代に逆行する作業(-_-;)

時代に逆行するこの作業。

正直言うと、あまりにばかばかしくて、
本当に馬鹿にしてましたが、
作業していると、少し意味を感じました。


とりあえずは、
しゃーなしに「写経」と思って、
一つの修行として嫌々書き写し。

すると、近年PCに依存しすぎで、
文字を書く行為から遠のいていることにより、
文字をきちんときれいに書く心が失われていることに気付かされる。

またゆっくりと書くことや、
間違いの無いように注意深く書くことにより、注意を払える。
(PCはすぐに修正ができるから注意力散漫になってる)

書いているときに、書いている内容の意味を考えるし、
PCのように数式に頼らず、暗算したりもする。

何かしら書くという作業も勉強にはなりました。
ただ、やっぱり不効率だとは思いますけどね(笑)


そのとき愛用のペンがこれ。

セブンイレブ


超書きやすくてお気に入り。
セブンイレブンで売ってます。
細かい時をきれいに書けます。

あれこれ、そんなこんなで良い勉強になりました~

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。