プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと復活です(^^)

  • Post on 2015.12.15 07:48
  • Categry : 芸術
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
超久しぶりです。

実は夏から秋は苦しい時期でした。
プライベートから、体調不良、
新しい仕事と、様々な事が重なり、
奮闘など、当然出来ず、
都会にいながらにして、
積極的に外出もせず、
縮こまって、日を過ごしてました。

要するにうつ病。

京都に帰りたいとか、
京都で無くとも、地方に住みたいとか、
折角の大都会東京にいながら、
楽しもうとも出来ない自分が
なんてつまらないんだろうって思ったり、
益々消極的さに拍車がかかり、
買い物欲、オシャレ欲、知識欲、
更にはこれだけは何があっても無くならないと
自信のあった食欲までもなくなり、
屍のように、ただただ起きて寝るだけの日々。

やっとそのどん底から抜け出して
オシャレ欲が戻り、買い物欲が戻り、
知識欲が溢れだし、食欲が復活。

そんなわけで、六本木ヒルズの森美術館へ
仕事帰りに寄って来ました。

平日、夜の19時位だからか、
空いていて、見やすくて良い美術館。

そんなわけで、復活です。

東京は思うにストレスフルな街で、
面白くないネガティブな見方をすると、
お金があれば楽しいだろう街。

だけど、自分次第で楽しめる事を
今回再認識です。

呑まれる事無く、ふわふわと楽しめるように
興味の扉を開きながら、
この街で暮らして行けたらと思います(^^)

スポンサーサイト

渋谷へ

  • Post on 2013.10.03 23:46
  • Categry : 芸術
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
ガラコンサートなるもに誘ってもらい
NHKコンサートホールへ行ってきました。

場所は渋谷。





渋谷のあまりの都会さに驚きながら、
会場に着くと、渋谷駅前の喧騒はどこへやら、
とても静かで落ち着いた雰囲気。

客層はご年配の方が、多い、

コンサートは生の音楽と歌声に触れ
感動し、色々気持ち良く、色んなことを
思い出したり、考えたりし、何やら良かった!

ライブで何かを観るのは、
パワーを貰えますね♪

MIHO MUSEUM

  • Post on 2012.10.01 08:41
  • Categry : 芸術
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
父とMIHO MUSEUMへ行ってきました!

MIHO (1)

今季は土偶です。

父は足が悪いので電気自動車で。

私は歩いて向かいます。

MIHO (2)

秋の雲。

MIHO (3)

MIHO (4)

トンネルへ。。。

MIHO (5)

MIHO (6)


MIHO (10)

MIHO (9)

MIHO (16)

MIHO (18)


MIHO (20)


岡本太郎さんの作品。

MIHO (21)

MIHO (23)

ほとんどが東北の土偶でしたが、
まれに中部のもあり、そのつくり違いが面白かったり、
土偶の柄や縄文土器の装飾を見て関心したり、、、
また最後には、柳宗悦さんなどの芸術家の方が
土偶の美に魅入られて、蒐集されたものなども展示されていました。

また、縄文土器では、人のモチーフで
指が3本で表現されていたり、
突起などのデザインが3つだったりするのですが、
これは、偶数など割り切れる西洋文化と違い
東洋文化の特徴とかかれていて、
確かになぁ~っと思ったりしました。

太古のロマンを感じるというか、
なにかしら色々想像が広がり、楽しめる、いい展覧会でした。

そうそうあと面白かったのは、展示室で父だけが、順路を逆走していたことです(笑)


この日はミホ以外も父と二人で滋賀めぐり。

朝8時前に家を出て、
先日行った休暇村でお肉を買い、あいとうマーガレットステーションで
お野菜などを買い、ミホミュージアムへ行くというコースで、
自動車という密室で父と二人きりで往復6時間のドライブ。

父は相変わらず、毒舌で、
悪口、不平不満や、自分についての話。
過去の自慢話。
お金を使うこと、借金をして(もしくは子供にさせて)土地を買ったり、
増改築をすることなどなど、、、
聞いてられない話を延々と一人で喋くりまくる。。。

高速道路で運転中、あまりの酷さに、聞き流す能力が限界を越え、
どっかに突っ込んで無理心中したくなる衝動を押さえつつ、無事帰宅。


苦しくて、辛い苦行の時間でしたが、
まぁ綺麗な芸術品も見れ、お買い物も出来、
何より父が喜んでいたので、良かったです。


父に対して、しばしば嫌悪感、憎悪を抱きつつも、
それらの気持ちを抱えながらも、父を尊敬もしてるし、
大事にしたいと思う矛盾した気持ちって、
家族だなぁって思います(^^♪

私が私であることは父の影響が大きくあるし、
老いても尚、色々努力もするし、たくさん尊敬しているところもあります。

嫌なことばかりにフォーカスせず、いいところを見て、
出来るだけ優しい気持ちで接していく日が増えるようにしていきたいです

△ Move to top of this page

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。